no-image

汗をかいた臓器

汗は体温を調節する上で非常に重要な機能を果たしています。

ノエミュ

体温が上がりすぎると、最も損傷を受けるのは脳細胞です。そうなると体の機能を維持することが難しくなるので、発汗の機能も生命に関係します。

そのような重要な役割を果たすために、汗をかいた臓器(汗腺)が体中に存在します。約300万人です。

キチンを使って運動したり、汗をかいている人は、汗腺が正常に機能しています。その場合、体内に必要なミネラルなどの栄養素は、汗として排出される前に再吸収され、体内に適切に取り込まれます。

しかし、デスクワークだけで汗をかく習慣がない人、あるいは運動を嫌うことで体を動かさない人は、汗腺の機能が弱まっている可能性があります。

その後、ミネラルは再吸収される前に汗として放出されます。

このミネラルから溶け出す汗はベタベタしていてベタベタしているのが特徴です。

ミネラルの再吸着が追いつかないため、顔面の汗がベタベタすることが多く、緊張のせいで突然起こることが多いためと言われています。

そんな顔の汗を抑えるのが薬用ノエムです。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は有効成分としてたっぷりと配合されており、発汗を止めて皮膚表面に吹き飛ばされます。

なお、着色剤、合成香料、界面活性剤、香料パラベン、鉱油などは一切添加されていない。敏感肌の方は安心してお使いいただけます。

薬用ノエムの有効成分としてのパラフェノールスルホン酸亜鉛とは何ですか?
配合成分を確認する
パラフェノールスルホン酸亜鉛は薬用ノエムに有効成分として配合されています。

その仕事は「収束」です。この言葉は、化粧品原料の解説でよく見られますが、一言で言えば「複数のものが集まって均等化する」ということです。

医薬品または化粧品の用語として使用される場合、それはタンパク質が他の物質によって影響を受ける現象および「皮膚と毛穴が引き締まる」現象を意味します。

タンパク質は常に皮膚の組織に含まれています。このタンパク質は他の物質と結合しやすく、皮膚の中の組織や血管を収縮させます。この現象を利用して、止血、鎮痛、保存などの効果をもたらします。実際、お茶を飲んだ後に私が苦味を感じるのは、この渋い効果のせいです。茶成分のタンニンはタンパク質と結合して苦い味を生み出します。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は金属塩で、タンパク質にも結合します。タンパク質は汗に含まれており、この金属塩と反応して固化します。熱が加えられたときに牛乳が凝固するのと同じ現象です。これは、汗の出入り口が塞がれ、汗が出ないことを意味します。

さらに、パラフェノールスルホン酸亜鉛が、使用し続けることによってより効果的になるという点で興味深いことは興味深い。実験によれば、5日後、発汗量はそれが始まると同時に減少した。言い換えれば、毎日連続して塗装を続けると、発汗の影響がより大きくなります。

パラフェノールスルホン酸亜鉛の効果をさらに高めるためには、植物抽出物と併用することが有効である。植物抽出物はリラックス効果があるため、自律神経に作用し、ストレスを軽減するのに役立ちます。そうすることで、緊張のせいで出てくる汗を抑える効果が期待できます。

薬用ノエムにはパラフェノールスルホン酸亜鉛に加えて植物性エキスが含まれているので、制汗剤として理想的です。