no-image

コラーゲン繊維

コラーゲンはタンパク質の一種で、線維状の構造を作る性質があります.

人体では皮膚のほか、筋肉や骨や内臓というようなところに存在します。コラーゲン繊維のことを膠原繊維ともいいます。肌のコラーゲンは真皮にあります真皮の約70%はコラーゲンでできています。コラーゲンはゴムのように弾力を持った繊維です。そのため肌を押したとしても元に戻りますまた多少は伸び縮みをします。しかし紫外線や加齢によって劣化すると弾力を失ってしまいます。ちょうどそれは古くなったゴムと同じということができます。コラーゲンは繊維であって生きた細胞ではありません。なので死ぬというようなことはありませんまたそのために表皮細胞のようにターンオーバーするというようなことも当然ないわけです。コラーゲンは繊維目細胞という細胞から新しく作り出され古くなったものは酵素などによって分解されていくということができるでしょう。コラーゲンについてでした。黒汁 販売店